株式会社アレック│青森市の注文・建売住宅と不動産売買・賃貸情報

青森市の不動産は株式会社アレックへ。注文、建売住宅・土地・建物・賃貸物件

017-752-8613

017-771-4335

お問い合わせ

営業時間 9:00~17:00
定休日:毎週日曜日・祝日GW・お盆・年末年始

売りたい

買取について

買取について、メリットとデメリットをご紹介していきます。

買取のメリット

売却までが早い

仲介の場合、一般的には3ヶ月以上かかることを覚悟する必要があります。
しかし、買取の場合は弊社が直接買取るため、すぐに売買契約を結ぶことができます。現金化を急いでいる場合や、その後の資金繰りや引っ越しなどのスケジュールを早く組みたい人にぴったりです。

資金計画が立てやすい

家の売却が、転居や転職など大切な節目に伴うものである場合も多いことでしょう。現状の不動産がいくらで売れるかわからず資金計画が不安な場合も、買取金額と時期が明確であれば、資金計画が立てやすいと言えます。

瑕疵担保責任がない

瑕疵担保とは、引き渡し後に発見された問題などに対して責任を持つことです。具体的には、シロアリや配管の不具合、見えない箇所の雨漏りなどがあります。 仲介で中古住宅を取引した場合、売り主に瑕疵担保責任があることが多いですが、買取では不動産業者が所有者になるため、売り主の瑕疵担保責任は免除され、後で修理費を要求される心配がありません。

仲介手数料が発生しない

買取は、不動産業者との直接取引なため、仲介手数料がかかりません。
仲介では購入者と売主の間には仲介業者が存在します。仲介業者の手数料は決まっており、「売却価格×3%+6万円」(+消費税)となり、計算してみるとわかりますが、意外と高額です。

内見の必要がない

不動産を仲介で売りに出すと、購入を検討中の方が家の中を見に来る(内見)必要が出てきます。その家が居住中であれば、暮らしている方にとってそれは大きな負担になります。しかし買取であれば、内見は発生せず、居住者に無駄な負担をかけずにすみます。

買取のデメリット

売却価格が安くなる

買取には「仲介に比べると価格が安くなる」というデメリットがあります。
買い取った物件は弊社が買い手を探すことになるわけですが、土地+住宅の物件であれば、住宅を生かすのであれば住めるように修理・リフォーム・リノベーションを施す必要が出てきます。そういったことを考慮すると、価格はどうしても安くなってしまいます

売却価格を自分で設定できない

仲介であれば、売却価格を下げる・上げるといったことは自分が納得いくまで行うこともできますが、買取では最低限の価格が業者側でどうしても決まってくるため、買い手は、提示される額に納得するかをポイントに、売却の検討をすることになります。

メリットとデメリット、両方考え併せた上で、売却方法をお選びください。もっと具体的にお知りになりたい場合は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせフォーム